我が国の伝統文化の底辺を支えるものとして

我が国の伝統文化に必要な素材の伝承をお手伝いしています。

文化財から古民家まで

寺社仏閣も農村の民家も我が国に残された伝統建築物は全てが私たちの大切なタカラです。

改修・再生・復元、そして新築

作り上げるためには、様々な伝統素材が不可欠です。

伝統素材の伝承を

失われつつある伝統素材。その継承、伝承を支援しています。

漆喰エヴァンジェリストとして

多くの伝統素材の中でも特に漆喰を専門として、その再普及を目指して活動しています。

古民家の保存、古材・伝統資財の活用・再利用を呼びかけています。

古民家を守ることは伝統素材を守ること。そして伝統技術を、左官文化を守ること。

朽ちてなお美しいのが我が国の伝統素材

摩耗、風化、汚れ、カビ…それでも美しく見える素敵な文化があります。

伝統は伝承と革新

伝統素材で創る、新たな文化づくりをお手伝いします。

伝統素材のお手伝い 「でんでん協会」です


伝統を伝え続けるために様々な場面で必要となるのが、その素材。
伝えられてきた素材。それらを未来へ伝えること。そして、それらがより良いものになるよう常に挑戦していくこと。 素材づくり、素材さがし、素材の研究。その支援こそが伝統素材伝承支援協会の役目です。

古民家再生議員懇話会が設立されました。

2017-11-21

東京都千代田区の参議院議員会館にて、古民家再生議員懇話会が設立され、第1回会合が開催されました。開催にあたり19名の公明党国会議員が参加し、赤羽一嘉衆議院議員が会長へ就任しました。


懇話会には太田昭宏公明党議長や北側一雄副代表ら多くの議員をはじめ、全国古民家再生協会より各支部長が参加。当協会からは鳥越代表理事が全国古民家再生協会副理事長として出席しました。

そのほかのお知らせ

ブログ最新記事