カラダで感じる。「おおいたの古民家イベント」開催報告

2013-02-17

おおいたの古民家イベント第2弾!「古材でお箸を作ろう!」を開催しました。


前回が昨年12月。前回のイベント報告はコチラ
それが大好評でしたので、もう一度同じ内容で開催です。


会場は大分市の「Art Cafe ときのたね」さんに協力いただきました。
伝統建築が多く残された街道町に面した古民家カフェです。


古材をカラダで学ぶのが今回の趣旨。
素材に触れて感じ、臭いを嗅いで感じてもらいます。


参加者の皆さんは一心不乱。一生懸命。一日一膳。沢山の方々にご参加いただきました。


大分県古民家再生協会の会、中川会長が準備しれくれたお箸用の作業台。
はじめてのかたでも、カンナの使い方に少し慣れれば、削り終わったその姿はそれなりに「お箸」。


さらに中川会長より参加の皆さんには、住まいに使われる木材の違いを説明いただきました。

 ほとんどの方が知らなかった「集成材」「KD材」「AD材」の違い。
 そして「古材」というもの。

実物に触れながら良くわかったのではないでしょうか。


木だけではなく土も。先生がちゃんと手ほどきしてくれます。
陶芸体験で作った陶器は、後日の焼きあがりが楽しみですね。

今回もカラダで素材を感じるイベント、楽しんでいただけたのではないでしょうか。