第22回例会を開催しました。

2013-08-24

大分市の大分県消費生活・男女共同参画プラザ「アイネス」会議室において、第22回大分県古民家鑑定士の会を開催しました。

今回は残念ながらこの人数。ある会員さんは遠方の支援活動に。ある会員さんは現場の正念場とのこと。…欠席が多かったです。


けれど大丈夫です。

そんな会員さんの「仕事」ではなく「古民家鑑定士」としての貢献活動を支援するのがこの会員の会の役割ですから。いわゆるビジネスグループとは異なるところです。

オシゴトはオシゴト。

さて、出席した会員で月例会を終えた後、昨年の24時間テレビの翌日から1年間、募っていた募金を、月例会に参加した会員全員で24時間テレビの大分県のメイン会場であるTOSハウジングメッセへ持参しました。
最後の手渡しは大分県古民家再生協会の中川代表理事と伝統素材伝承支援協会の鳥越代表理事の2名から。


新たな募金箱もいただきましたから、早速、来年に向けての募金箱を設置です。

次回の大分県古民家鑑定士の会の月例会は9月28日(土)。
詳細は後日、お知らせします。