第4期総会を開催し、会員活動を移管しました

2014-11-22

伝統素材伝承支援協会は2010年9月に設立。

その11月には大分県で活動する古民家鑑定士の皆さんと共に活動するための「会員の会」を設立。県内の鑑定士さんのサポートを開始しました。












翌2011年8月には大分県古民家再生協会が設立されたのを機に、大分県を支える2つの会を1つにまとめるべく、まずは「大分県古民家鑑定士の会」として共同運営がスタートしました。


2014年11月、当伝統素材伝承支援協会の会員の会の第4期総会を一つの区切りとして
大分県内での「会員の会」の活動を、全て大分県古民家再生協会へ移管します。


なお、会員の会のみの解散です。
伝統素材伝承支援協会の活動は、これまで通り全国で継続して行って参りますので、これまで通り宜しくお願い申し上げます。

また、今後の大分県内での古民家鑑定士、伝統素材の支援活動については
大分県古民家再生協会 http://www.kominka-oita.com/ までご相談下さい。